妊婦さんにとってお腹が大きくなることは赤ちゃんの成長を感じることが出来るのでとても嬉しいことです。初産婦さんだと16週前後から、経産婦さんは早い方だと9週ごろから「あれ?お腹が大きくなってきたかも?」と思いはじめる妊婦さんもいます。

少しずつ膨らみはじめるお腹は幸せの象徴のようでとても喜ばしいことですが、お腹が大きくなるに連れて「妊娠線ができるのでは!?」と心配している妊婦さんも多いのではないのでしょうか?

妊娠線は、妊娠中に出来る肉割れのことで、妊婦さんのお腹やバスト、ヒップ、腕、太もも、ふくらはぎなど様々な場所にできる赤紫色や白色のメロンの模様のような跡のことです。

妊娠線ができる原因は、段々とおおきくなるお腹や妊娠で皮下脂肪をためるため丸みを帯びた体の皮膚が引っ張られて断裂してしまうことが原因です。
しかし、皮膚の断裂と言っても表面の「表皮」という部分は伸縮性があるので大丈夫なのですが、その下の層の「真皮」と「皮下脂肪」の部分が伸縮性がないため、妊娠の経過とともに大きくなるお腹やからだのスピートに真皮がついていけず断裂することが原因です。

真皮が断裂しないためには、妊婦さんのお肌を水分やハリ、弾力のあるしなやかな柔軟性のある状態にしないといけません。つまり簡単に言うと「真皮まで保湿すること」です。

例えばパサパサに乾燥した葉っぱは触れただけでもボロボロになりますが、水分を含んだ葉っぱは触れても曲げても柔軟性があるので元に戻ります。
妊婦さんのお肌も同じで、保湿をたっぷりして水分を保ったお肌をキープすることで真皮が断裂しにくくなり妊娠線ができなくなります。

そこで今回は、妊娠線ができにくい水分をたっぷり含んだハリと弾力のあるお肌にするために、妊娠線予防に効果バツグンのオーガニック妊娠線予防クリームを紹介します。

なぜ妊娠線予防にクリームが良いのか?

妊娠線予防にクリームをオススメする理由ですが、妊娠線を予防するためには一日に2回は妊娠線予防クリームやオイルを塗ることが効果的です。

何度もからだに塗ることを考えると、保湿力が高いのですが塗った後にベタツキ感が残りやすいオイルよりも、保湿力はオイルと同じくらい高いのに塗った後にベタつきが少ないため一日何度もからだに塗るならばクリームがオススメです。

また、妊娠線を塗るときに妊娠線予防マッサージをするとさらに妊娠線予防効果が上がるのですが、ノビの良いクリームならばマッサージのときにスルスル伸びて流れるようにマッサージが出来ますよ。

ヒルドイド

ヒルドイドは、妊娠線予防クリームではありませんが病院で「乾燥がひどい」とお医者さんにいうと処方される薬です。
つまりお医者さんに診察してもらって処方箋を出してもらわないと手に入れることができない医薬品で市販薬ではないため、ドラッグストアやネットで購入することができません。

ヒルドイドの効果は下記の4つがあります。

  • 皮膚の表面の角質の水分を保つので保湿効果がある
  • ヘパリン類似物質は保湿以外にも血液をサラサラにして血行促進させる
  • 線維芽細胞が増えることを抑え、ケロイドなどの傷跡の盛り上がりを防ぐ
  • 皮膚を綺麗にするはたらき傷跡を綺麗にする

・・・で、小さな子供にも処方される保湿剤なので副作用もほとんどありません。
上記のヒルドイドの効果を見ると妊娠線予防に効果がありそうですよね?

ですが、実は妊娠線ができた後には「ケロイドなどの傷跡の盛り上がりを防ぐ」効果で、できてしまった妊娠線を悪化させないという面では良いのですが、保湿としては「皮膚の表面の角質の水分を保つ」ので、妊娠線の原因である「真皮や皮下組織の保湿」には効果が弱く、妊娠線ができることを防ぐには他の妊娠線予防クリームの方が効果が期待できます。

また、医薬品なので副作用が少ないと言っても、かゆみや皮膚炎、発疹などが出る可能性がありますし、「血液をサラサラにする効果がある」ということは「血を止まりにくくする」ことなので、先天性の出血性疾患などがある方はヒルドイドは使用できません。

ヒルドイドはお医者さんからの処方が必要なので、保湿するためのクリームがなくなったときは病院に行かないといけないため、必要なときにすぐに手に入れることが難しいかもしれません。

「じゃあどんなクリームが良いの?」と思っている妊婦さんに、ネットなどで簡単に手に入るオススメのオーガニックの妊娠線予防クリームを4つ紹介します。

ベルタマザークリーム

妊婦さんでも安心の無添加でオーガニック原料を5種類も使用した「ベルタマザークリーム」は、有名なマタニティ誌で紹介されたりネット通販で1位になったりするほどの人気の妊娠線予防クリームです。

妊娠線の原因である真皮まで保湿成分が届く「シラノール誘導体」や真皮でのコラーゲンの合成を促進してくれる働きで肌にハリやアンチエイジング効果がある「コエンザイムQ10」、柑橘系から抽出した血流促進効果のある「ヘスペリジン」がお肌に有効成分を届けます。

そして、保湿で有名なヒアルロン酸の約2倍の保湿力がある「スーパーヒアルロン酸」、高い保湿力の他にお肌の水分や油分を調整する効果のある「プラセンタ」、お肌を保湿しお肌になじみやすい「コラーゲン」などのこだわりの美容成分を3種類配合しています。

さらに、お肌を引き締める効果のある「葉酸」や肌を明るくする効果のある「アミノ酸・ビタミン5種類」も配合しているため、妊娠線予防効果の他に女性にとってうれしい美容効果も期待のできる妊娠線予防クリームです。

クリームの伸びがよいのでからだに塗る以外にも妊娠線予防マッサージにも最適です。

また、贅沢なほどたくさん配合されている美容効果でお肌がもちもちでスベスベになり、産後もお肌の引き締め効果があるので、「ベルタマザークリーム」は妊娠初期から出産後まで長く使えるオススメの妊娠線予防クリームです。

ストレッチマーククリーム

「エルバビーバ」社の「ストレッチマーククリーム」は、100パーセントナチュラルなお肌の弱い妊婦さんにも優しいオーガニック成分で作られた保湿力の高い妊娠線予防クリームです。

テクスチャは固めですが、するする伸びてお肌に馴染みやすく、たっぷり潤いを与えてくれるクリームです。

乾燥からお肌を守ってくれるカカオバターにひまわりやホホバ、キャロットシードオイルの植物オイルをブレンドすることで、お肌に塗りやすいクリームと保湿力の高いオイル、ふたつの良いところを組み合わせた妊娠線予防クリームで、お肌にハリやツヤ、弾力をあたえ保湿力に優れています。

産後に「ストレッチマーククリーム」が余ってしまっても、新生児のお肌の保湿ケアにも使えますよ。

ママケアクリーム

美容と健康に効果的なサプリメントや化粧品を販売している「オーガニックレーベル」の妊娠線予防クリームの「ママケアクリーム」は、妊娠線予防とケアのために保湿力と再生力、浸透力が高くなるように様々な成分を配合した妊娠線予防に効果的なクリームです。

「ママケアクリーム」のメインの成分には、皮膚構造の修復と再構築や細胞のもつ本来の機能を活性化させることで海外でも注目されている「シラノール誘導体」や、乾燥による赤みや剥離などを予防する効果のあるスイカ果実エキスやリンゴ果実エキス、ヒラマメ果実エキスを含む混合物である「アクアスピード(R)」を配合しています。

他にも、保湿効果が高いシアバター、アボカドオイル、ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワラン、プラセンタなどお肌をもっちりスベスベにするうれしい美肌成分をたくさん配合されているので、妊娠線予防にとても重要な保湿効果が高いクリームです。

もちろん、妊婦さんにとって心配な添加物は無し、しかもつわりのときでも使えるように無香料です。

乾燥肌対策としても効果的な美肌成分がたっぷりなので、出産後の乾燥肌対策に使っていただけますよ。

ノコア

「ノコア アフターボディ トリートメントクリーム」は、日本人の研究者が日本人のお肌に合わせて研究、開発された、国内生産の妊娠線予防かつ、できてしまった妊娠線のアフターケアクリームです。

「ノコア アフターボディ トリートメントクリーム」はお肌を整えるビタミンC誘導体をベースに、ビタミンC誘導体と相性の良い保湿成分であるフラーレンを配合しています。
他にも、保湿成分のアボカドエキス、シアバター、アルガンオイルなどを贅沢に配合して、サラッとした肌なじみの良いクリームなのに潤いがしっかり長続きします。

天然由来成分やオーガニックでナチュラル原料を使っています。
もちろん、合成界面活性剤・パラベン・アルコール・鉱物油・合成香料・着色料不使用なのでお肌が荒れやすく成分が心配な妊婦さんにも安心して使っていただけます。

なによりも、妊娠線ができてしまった後でも間に合うのが「ノコア アフターボディ トリートメントクリーム」の特徴です。妊娠線ができてしまっても遅くないので気がついたときから妊娠線ケアができるのが嬉しいクリームです。

オーガニック妊娠線予防クリームについてのまとめ

今回は、オーガニック成分で妊婦さんにも安心な妊娠線予防クリームを紹介しました。
どのクリームもネットや口コミで人気の妊娠線予防クリームです。

効果の高い妊娠線予防クリームでお肌をケアすることで、できてしまったら消えにくい妊娠線ができなくなります。
こまめなケアで産後もつるつるでスベスベのきれいなお肌で過ごしてくださいね。
かゆい痛い産後の妊娠線を消したいならこまめなケアに加えて、保湿なども大事ですね!