妊娠線はいつからクリームを塗ればいいのか?

オススメ記事はこちら→【後悔しない】かゆくて痛い産後の妊娠線を消したいママへ

お腹に愛する人の赤ちゃんができると嬉しいですね。周りからおめでとうと言われるたり、母子手帳をもらいに役所へ行くとはじめにおめでとうございますと声を掛けてくれますよね。
産婦人科でもおきなお腹の女性を見ると私もあんな風になるのかな…と思ってみたり。
お腹が小さいときはさほど気にしていなかったのに大きくなるお腹をみると体毛が濃くなっていたり、肌の感触が少し変わっていたりと変化を感じます。
外から見ても変わってきた体は、体内でも変化が起きています。
月齢が大きくなれななるほど不便なことや困ったことが起き始めます。その一つが妊娠線。
つわり中は考えたこともなかった人も体をいたわるつもりで是非お付き合いください。

妊娠線とは?

妊娠線とは妊娠してできた肉割れの後のようなもの。大きくなる体についていけなくなった皮膚が裂けて跡になることです。
皮膚と行っても1番外側の皮膚ではなく内側の真皮と言われる場所で起きる現象で外から見ると赤紫に見えます。
縦にスジのように入ることが多く初産の妊婦さんより、2人3人とお子さんを産んだことのある経産婦さんがなりやすいようです。

クリームは必要なのか?

お腹にクリームを塗ることは必要なのか?
産婦人科によって強く進められたり、あるいは逆で何も言われなかったりと様々です。お腹も皮膚の一部。手入れすればあらゆるリスクを回避できるでしょう。
かさかさしたかゆみからも守られますし、妊娠中も気持ちよく過ごせますよね。
妊娠線のできるできないはその人の肌質がキーになります。
元々柔軟性がありキメも細かい人は妊娠線ができるリスクは少ないですし、逆に乾燥肌の人は妊娠線ができやすいと言えるでしょう。
高級なクリームだからできなかった、安いクリームだから妊娠線ができたと言っているような記事を見かけますがあまり意味がない意見です。

クリームを塗る時期は?

クリームを塗らないより塗ったほうが妊娠線のリスクは低くなるでしょう。
その上でいつごろからクリームを塗った方がいいのか…。それはあなたが塗りたい時に塗ったらいいんですよ。
妊娠中は気分も体調もすぐれない方が多いです。そんな中無理してクリームを塗って気分が悪くなっては何の意味もないですよね。
妊娠中の1番の気遣いはゆったり過ごすこと。ストレスを溜めていてはお腹の赤ちゃんによくありません。

それでもクリームが塗りたい方はつわりが終わった3~4ヶ月あたりから始めるといいでしょう。少し体調もよくなっているでしょうし食事に余裕も出てきたあたりがいいでしょう。

妊娠線に特化したクリーム

妊娠線に特化したクリームやオイルが販売されています。皮膚の柔軟性を高めたり、水分をたっぷり与えるといった効果が期待できるようです。
肌に合えばドラックストアで手頃に販売されているボディクリームでもいいのですが、ケアしていない為に妊娠線ができた!!と後悔したくない!といった人に
口コミで人気のあるクリームやオイルをご紹介しましょう。

ベルタマザークリーム

価格¥7000弱チューブ状のクリームです。通販で購入できるようで妊婦さん関連の雑誌には多く取り上げられています。
少しベタベタするといったコメントも。

AFCストレッチマーククリーム

価格は¥2800と先程のものよりはお安くなっています。このクリームのうりはできてしまった妊娠線をなんとかします!をウリにしています。
妊娠線を薄くするといった内容の説明です。

ママ&キッズナチュラルマーククリーム

価格は¥2916とお買い得。ポンプ式で使いやすくコストパフォーマンスに優れていて子供も一緒に使えるクリーム。
妊娠線を予防できないとの口コミあり。

もっと他の方法で妊娠線をなんとかしたい

妊娠線ができているお腹はようは皮膚です。皮膚にはターンオーバーがありますね。そのターンオーバーを促進させればいいんです。
2人、3人目のママは忙しすぎてクリームはなかなかできない!との声をよく耳にします。クリーム以外での妊娠線対策をご紹介しましょう。

血行促進!お風呂に浸かろう

冷えはすべての不調につながります。湯船に入って血行促進しましょう。血流が良くなると新陳代謝も活発に。お子さんと一緒にゆっくりお風呂タイムしてください。
お子さんも、ママも温まって気分良く眠れます。

質のいい睡眠

PM10:00~AM2:00までは成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイム。妊娠中はターンオーバーも上手くいかないので少しでも肌にいい生活を心がけてください。
お腹が大きいとなかなか熟睡できませんが出来るだけゴールデンタイムには横になっていましょうね。

大きいお腹ほどストレッチ

大きいお腹になるとリンパの流れが滞り血流も悪くなります。出来るだけ血行促進したいのでマタニティストレッチをしてください。
お腹をねじったり苦しくなるまで前に曲げずにできるストレッチは、お相撲さんの四股です。足腰も鍛えられ股関節のストレッチになります。
股関節にはリンパがあり股関節が硬いままだと足のむくみにつながります。四股のままお尻を床におろし、足だけでしゃがむ格好がいいですよ。
昔グラビアアイドルでM字開脚と言われたあの格好です。ヨガではおなじみのポーズですよ。

後はバランスの取れた食事

肌状態が良くなる食事を心がけること。レバーや納豆、ほうれん草も肌にいい食材なので是非とってほしい。レバーは豊富なビタミンの宝庫。また、貧血になりやすい妊婦さんにも嬉しい鉄分も入ってます。口から入るものは何よりの薬ということです。お子さんと一緒に食べればお子さんの成長にも!一石二鳥ですね。

まとめ

妊娠中は色々と悩むもの。今までの自分とは違う自分を発見するたびに戸惑うのは当たり前です。
体も心も変化する女性にとって妊娠は一大イベントです。妊娠中だって綺麗でいたいと思うのは女性ならではですね。
綺麗でいるもの大事ですが1番大事なことはあなたが幸せにママになることが1番重要です。
妊娠線ができるのも可愛い赤ちゃんのためなので否定せずゆったりと受け入れることも大事なんですよ。
妊娠したママの6割は妊娠線ができるという統計もあるのであまり気にせず体をいたわって出産に向けて頑張ってくださいね。