妊娠すると気になる妊娠線!妊娠線のケアはお腹を重点的にする人が多いですが、お尻や太ももにもできやすいのです。妊娠線ができる原因と一緒に妊娠線のケアや対策を見ていきましょう。

妊娠線ができてしまう理由

妊娠線とは、妊娠することによって体重増加や体型が変化することでできてしまう肉割れです。
胎児の成長とともにお腹が大きくなり、皮膚が引き伸ばされひび割れのような線が現れてしまいます。
妊娠線には個人差があり、妊娠線の濃さやできる場所にも差があるのが特徴です。

皮膚は三層で構成されていて、表皮・真皮・皮下組織から成り立っています。
表皮は伸びやすいのですが、真皮・皮下組織は伸びにくいため、お腹が大きくなるスピードに追い付けず亀裂が生じて赤い線が現れます。

妊娠線ができると、痛みはありませんがかゆみが伴ってくることが多いようです。
私も、妊娠中は感じませんでしたが産後とてもお腹周りがかゆく感じることが多かったです。

一度できてしまった妊娠線は完全に消えることはありませんが、ケアすることで目立たなくすることはできます。

 

妊娠線ができやすい人

  • 肌が弱い人
  • 経産婦
  • 多産児の妊婦さん
  • 高齢出産の人
  • もともと小柄な人
  • 体重増加が多い人

 

妊娠線ができやすい体質

  • 血行が悪い
  • 皮下脂肪が多い
  • 太りやすい
  • 乾燥肌

このように妊娠線ができやすい人には特徴があります。
妊娠中にケアをしている人としていない人でも大きな差がでるようです。

妊娠中はケアしやすいですが、出産後は慣れない育児に追われケアをする時間がなかなかとれなくなってしまうので、妊娠中からのケアがとても重要になってきます。

妊娠線はおしり・太ももが要注意

妊娠線と聞くと、お腹にできるイメージが強いですが、実話おしり・太ももなどもとても妊娠線ができやすいのです。

妊娠中は脂肪がつきやすく、赤ちゃんを守るためにおしりに脂肪がつく人が多いです。
お尻や太ももは自分ではなかなか目につきにくく、ケアもおろそかになりがちな場所なので、気が付いたときにはすでに妊娠線ができてしまっていたなんて人も少なくないのではないでしょうか。

妊娠すると大きくなるのはお腹だけではなく、体重増加によって腰回り・おしりから太ももにかけて肉付きがよくなってくるのを実感してきます。
おしりが大きいから安産型なんて言葉があるくらい、妊娠するとおしり周りに脂肪がついてくるので、急激な体重増加にはよく注意しましょう!

妊娠5か月ころのつわりが落ち着いてきた時期から体型に変化が現れることが多いので、ケアを始めていきましょう。
お腹だけではなく、鏡でチェックしながらおしり・太もものケアもしていくと妊娠線が知らないうちにできてしまっていたなんてことを防ぐことができます◎

妊娠線のケアはどのようにしたらいいの?

妊娠線のケアに一番効果的なのは保湿です。
妊娠線は、皮膚の伸縮性が関係しているので、保湿することで少しでも伸びやすい皮膚を作ることが大切です。
妊娠線用のクリームやオイルが多く販売されているので、お風呂上りや着替えのときなどに塗るようにするといいですね。

クリームはべたつきが少なく、気軽に使うことができるのでおすすめです。
妊娠中は肌が敏感になっていて、肌の質が変化してしまう人も多いのでケア用品の選び方には注意が必要です。
低刺激で、保湿力の高いものを選ぶようにしましょう。
また、毎日コツコツ塗ることが大切なので、毎日たっぷり使えるよう値段が高くなく遠慮なく使えるものを選ぶといいですよ。

オイルはクリームに比べて、匂いやべたつきのあるものが多いので、お風呂上りなどのケアに向いています。
普段はクリーム、お風呂上りや寝る前にはオイルといったように使い分けると効果的です。
また、クリームとオイルを併用すると効果がより得られます。

おしりや太ももは鏡を見ながらケアするよう心掛けましょう!
お腹が大きくなってくるとおしりや太ももにクリームやオイルを塗るのが大変になってきてしまうので、旦那さんに協力してもらうのも一つの手段です。

お腹に集中してしまいがちですが、妊娠線はおしりや太ももにもできやすいのでしっかりケアしていきましょう。

クリームやオイルを選ぶときの注意点

妊娠すると体質が変化して肌が弱くなり肌荒れを起こしてしまう人もいます。
今までは皮膚に異常が起こったことがない人でも、乾燥肌になってしまったり蕁麻疹が出やすくなったり、少しの刺激で発疹がでてくることもあります。
なので、クリームやオイルを選ぶ際はテスターや試供品などを利用してみてから肌に合うかチェックして購入することをおすすめします。
安く手に入るものではないので、買ってから肌に合わず使えないなんてことを防ぐためにもクリームやオイル選びは慎重にしましょう。

  • 低刺激のもの
  • 量が多いもの
  • 値段を気にせずたっぷり使えるもの

この3点に気を付けて自分にあったケア用品を選びましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。妊娠線の意外な落とし穴はおしりや太ももです!
せっかく妊娠線のケアを続けていても見落としてしまってショックを受けてしまうことはよくあります。
脂肪が付きやすい部分、皮膚の伸びにくい部分はチェックして妊娠線を防ぎましょう!
かゆい痛い産後の妊娠線を消したい!