妊娠してお腹が大きくなってくることは赤ちゃんが順調に成長しているということなのでとても幸せなことです。しかし、お腹が大きくなってくると妊婦さんにとって心配なもの、それが「妊娠線」です。

妊娠線は一度出来てしまうと、産後に薄くなることはあっても完全に消えることはないので、妊娠線が出来ないように妊婦さん自身ができる予防が大事です。

妊娠前にもできる肉割れと同じように皮膚がビリビリとひび割れしているように見えるものが妊娠線ですが、しかし、妊娠線といわれてイメージするのはお腹にできるものだと思います。
妊娠線と肉割れは似ていますが、このふたつは同じものなのか、それとも違うものなのかはご存知ですか?

今回は、妊娠線と肉割れの違いや、妊婦さんが妊娠線がない状態でお産を迎えられるように妊娠線が出来る原因、妊娠線が出来ないためのおうちで出来る対策をご紹介します。

妊娠線って?肉割れとは違うの?

妊娠線とは、ストレッチマークとも呼ばれる体の皮膚に出来るビリビリとしたひび割れのような白色や赤紫色の跡のことで妊娠中に出来る肉割れです。
そのため、妊娠線と呼ばれますが、肉割れと同じなので名称は違いますがふたつの性質に違いはありません。

妊娠中に出来る肉割れである妊娠線が、よく出来る場所とイメージされるお腹の他にも、バスト、ヒップ、太もも、ふくらはぎ、二の腕などいたるところに出来てしまいます。

妊娠線が出来る原因は?

実は妊娠線が出来る原因は3つあります。

  • 乾燥
  • 体重の増加による体型の変化
  • 妊娠によるホルモンの影響

上記がどうして妊娠線の原因になるのか次項で詳しく説明します。

乾燥で妊娠線が出来るのはなぜ!?

お肌が乾燥し水分が少なくなってカサカサしまうと、お肌にハリや弾力がなくなってしまい妊娠線が出来やすくなってしまいます。

水分を保ったしなやかな皮膚だと柔軟性があり、大きくなっていくお腹にも水分を保った皮膚の柔軟性で皮膚が伸ばされても対応できるのですが、水分を失った皮膚はひび割れしやすくなるので、お肌の水分を奪ってしまう乾燥は妊娠線の大敵です。

体重の増加による体型の変化で妊娠線が出来るのはなぜ!?

妊娠中は殆どの人が体重が増えます。妊婦さんの体重増加分は赤ちゃんの体重、胎盤、羊水、お腹の赤ちゃんに栄養を与えるためや産後に備えて蓄えた皮下脂肪です。
標準体型の人でも約8~12キロほど妊娠前から出産までに増加するので、妊娠前に比べてお腹やバスト、ヒップなど大きくなります。

妊娠中の体重増加や赤ちゃんの成長でお腹や体が大きくなるにつれて皮膚も伸ばされていきます。
皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織と3層に分かれているのですが、皮膚の表面である表皮には伸縮性がありますが、その下の真皮と皮下組織には伸縮性が無いためお腹や体の大きくなるスピードについていけず、真皮が断裂してしまい妊娠線が出来てしまいます。

妊娠によるホルモンの影響で妊娠線が出来るのはなぜ!?

妊娠中には普段とはホルモンバランスが変わってきます。
妊娠線が出来る原因の「コルチコステロイド」という肌の弾力を失わせる働きのホルモンの分泌が活発にななります。

このホルモンによって皮膚の新陳代謝であるターンオーバーの働きが抑制されて、お肌は徐々に弾力やハリが少なくなって固くなったり薄くなってしまって、お肌そのものが弱ってしまい皮膚組織の断裂が入りやすい状態になり、妊娠せていないときよりも妊娠線が出来やすくなってしまいます。

妊娠線にならないための対策は!?

上記の妊娠線が出来る原因の対策は、ズバリ「保湿」です。
ただし皮膚の表面の保湿だけでは意味がなくで「真皮や皮下組織まで届く保湿」が重要になってきます。

そのためにも真皮や皮下組織まで成分が届く保湿力の高いクリームやオイルが最適です。

妊娠線が出来てほしくない場所に保湿力の高いクリームやオイルを塗ることで、乾燥からの皮膚のひび割れを防いで妊娠線を予防します。

出来れば、それにプラスして「妊娠線予防マッサージ」を取り入れるのを強くオススメします。

真皮や皮下組織まで保湿されて妊娠線が出来にくくなりますが、さらにマッサージをプラスすることで妊娠線予防の効果がアップします。

アップする効果は、クリームやオイルの保湿成分がもっと浸透しやすくなる効果の他に、血流が良くなって体の中の循環が良くなる効果、お肌の弾力をアップさせハリのあるお肌にする効果で、より妊娠線が出来にくいしなやかなお肌にすることで妊娠線を予防します。

妊娠線予防の保湿やマッサージは、お腹が大きくなり始める16週頃からはじめる方が多いですが、お腹が張ったらお休みするなど体調をみながら初期からでもしていただいても大丈夫です。

乾燥しがちな季節や臨月の赤ちゃんが一気に大きくなってくる時期は妊娠線の出来やすい時期なのでこまめに対策をすると妊娠線予防に効果的です。

妊娠線の原因のまとめ

今回は妊娠線が出来る原因と対策をご紹介いたしました。
妊娠中に出来る肉割れが妊娠線ですが、妊娠線が出来にくいお肌にするためには日頃から保湿とマッサージでお肌の状態を良くしておくのが大事です。

保湿に使うクリームやオイルは、ノビの良いものを選んでたっぷりとつけないとお肌を押したり摩擦になってしまってお肌を痛めてしまうため、ノビの良いものをケチらずに使うのがポイントです。

妊娠線はお腹に出来るイメージですが、肉割れと同じなのでお腹の下側、胸、お尻、太もも、ふくらはぎ、腕などあらゆるところに出来る可能性があります。
妊娠後期になってお腹が大きくなると、お腹が邪魔をして見えにくい場所の保湿やマッサージが十分に出来なくて、出産後に妊娠線を発見 !なんてことも有り得ます。

見えない場所も忘れずに保湿クリームやオイルを塗って、塗りにくい場所はパートナーや上のお子様がいたらスキンシップ代わりに手伝ってもらってくださいね。
お腹ですくすく大きく成長している赤ちゃんの成長の実感が出来るので、赤ちゃんの存在を身近に感じてもらえるのでおすすめです。

最後に注意していただきたいのは、切迫流産や切迫早産、お腹が張っているときは、マッサージは厳禁です。張っているときの子宮はとても敏感で、手でお腹を撫でるなどの少しの刺激でもさらに張ってしまって固くなってしまいます。
お腹が張ってしまっているときは、お腹はさすらずにシムスの体位などの楽な体制で横になり、お腹を膨らますイメージで深呼吸して張りが治まるのを待ってください。

体が辛い時やちょっと面倒になってしまったときは、マッサージはお休みで保湿だけにするなど臨機応変にご自身の負担のないペースで妊娠線の予防をしてください。妊娠線予防はお肌の乾燥をさせないことが一番なので、お肌の保湿の継続が大事です。
産後のかゆくて痛い妊娠線を消したい!予防方法は?