お腹の赤ちゃんの成長とともにお腹が大きくなるのは妊婦さんにとって幸せで嬉しいことです。しかしお腹が多いくなるにつれて妊婦さんの心配の種はからだに「妊娠線」が出来てしまわないか?と思っている方も多くいると思います。

妊娠線は、一般に赤ちゃんの成長とともに急激に大きくなるお腹に皮膚の伸びがついていくことが出来ず、皮膚の下にある真皮や皮下組織がお腹が大きくなるスピードについていけず裂けてしまって出来るひび割れのような断裂跡のことです。

一般的に妊娠線は妊娠中期の5ヶ月の徐々にお腹が大きくなり始める頃から出来やすくなり、妊婦さんの7割が体のどこかに妊娠線が出来ると言われています。

妊娠線の出来る場所は個人差があり、妊婦さんによってはまったく出ない人もいれば、お腹全体にひび割れが出来てしまう人、お腹以外のお尻や太もも、二の腕、バスト、足などに出来たり様々です。

産後には薄くなると言っても綺麗に消えないことが多いのが妊娠線です。
「妊娠線は絶対に作りたくない!」と思っている妊婦さんが多いため、今回は妊娠線ケアに効果的なオイルを紹介したいと思います。

なぜ今回オイルを紹介するのか?それは、妊娠線予防で最も大切な「保湿」にはオイルが最適だからです。

保湿の最大のポイントとなるのが「油分」で、良くある保湿ケアにはオイルの他に、「クリーム」と「ローション」がありますが、油分にに関しては「オイル>クリーム>ローション」という順で油分が多く保湿効果が高くなります。

その結果、お肌に十分な潤いを与えることが出来、皮膚を柔らかく弾力のある状態にしておくことでお腹が大きくなってきても妊娠線ができにくくなるため、妊娠線予防効果はオイルが一番高いのです。

他にも、
お肌のうるおいを逃がしにくく保湿力が高い
極少量でも広範囲に伸ばすことが出来るためコストパフォーマンスが高い
するする伸びるため摩擦が少なく、塗りやすくマッサージにも使いやすい

・・・というメリットがあり、オイルによる妊娠線予防の保湿ケアはおすすめです。

オイルは様々な種類があって分からないと思っている妊婦さんに、妊娠線の予防に口コミで人気のオイルを徹底的に解説していきます。

市販のドラッグストア等に売っているベビーオイル

からだに塗る身近なオイルとして真っ先にイメージされるのがベビーオイルではないでしょうか?
しかし、市販のベビーオイルに関しては妊娠線ケアには向いていません。

何故かと言うと、妊娠線予防には真皮の保湿がポイントですが、ベビーオイルだと表皮の保湿しか出来ないため妊娠線予防には残念ながら効果がありません。

オイルなのでオイルマッサージをするときの滑りを良くするために・・・と言うことでしたらもちろん使えますが、同じマッサージオイルならば妊娠線に効果のあるその他のオイルを使ったほうが良いと思います。

次項から安心して使える、表皮の下にある真皮や皮下組織にまで効果のある妊娠線予防オイルを紹介します。

馬油

スキンケアの他、傷ややけど、湿疹などのの民間療法などで大活躍、口コミで人気の馬油は実は妊娠線にも効果的です。
馬油はデリケートな妊婦さんや素材が気になる妊婦さんにも安心の天然100%のオイルで、妊娠線予防にとって一番大事な真皮や皮下組織まで届くほど浸透力が高いため、妊婦さんの妊娠線予防にとても効果があります。

馬油は馬から抽出した動物性の油で、人の脂肪酸ととてもよく似た成分なので浸透力が高く、他にも副作用もないといわれています。
天然素材で安心なオイルなので生まれてすぐの赤ちゃんにも使えますし、もちろん妊婦さんや授乳中のママにも使えます。

妊娠線予防以外にも、産後には授乳で乳首が切れてしまったときのケアや赤ちゃんのおむつかぶれ、ママや赤ちゃんのスキンケア、傷ややけどの常備薬としてなど使い方が幅広いので家庭に1つ常備しておくのもオススメです。

バイオイル

バイオイルは、南アフリカを拠点の会社「ユニオンスイス社」が開発製造している、保湿効果の高さで妊娠線予防にはもちろん、傷跡やニキビ跡にも効果があると口コミで人気の美容オイルです。

このバイオイルは、ピュアセリンオイルを主成分とし、皮膚や粘膜の健康維持の働きのある「ビタミンA」や、抗酸化作用がありアンチエイジングに効果的な「ビタミンE」の2種類のビタミンなどの有効成分がたっぷり含まれており、肌の奥深くまで届いて浸透するためとても美容効果が高くなっています。

使用感はサラッとしており伸びやすくベタつかないのでオイルが苦手な妊婦さんにも使いやすく、ラベンダー・カモミール・ローズマリー・トウキンセンカの4種類のアロマオイルでリラックス効果をプラスしています。

妊婦さんに安心安全の肌に優しいノンコメドジェニックで防腐剤フリー、肌荒れなどしにくい低刺激性、動物由来成分も使っていないのが特徴です。

バイオイルは妊婦さんのデリケートな体はもちろん、顔や髪など幅広く使えるので、子供のお世話でバタバタしてしまう産後にも使いやすいのでおすすめです。

ホホバオイル

ホホバオイルとは、ホホバというアメリカ原産の非常に乾燥に強い植物の実から抽出されるオイルです。

奇跡のオイルと言われるほど栄養が非常に豊富で、アメリカ先住民が昔から美容目的で髪や肌などに使っていました。
ホホバオイルにはワックスエステルという脂肪酸が含まれており、人間の肌にも同様に含まれているため、様々な肌質にマッチ・浸透することで美容・保湿効果を発揮します。
ワックスエステルが含まれている植物は、ホホバ以外にはないと言われています。

また、ホホバオイルにはビタミンEが豊富なため、新陳代謝を促したりアンチエイジング効果も期待できます。

このホホバオイルが妊娠線の予防にも効果的です。
その優れた保湿効果や新陳代謝の促進効果によって、妊娠中の肌質を改善し、妊娠線の予防効果が期待できます。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは美容に良いことでブームにもなった、料理やお菓子作りにも使えるオイルですが、実は妊娠線予防にも効果があるオイルなんです。

ココナッツオイルに含まれる、「オレイン酸」がお肌を柔らかくして小じわなどが出来るのを抑える効果やお肌の乾燥を防いでくれ、「ラウリン酸」が保湿効果のほか免疫力を高める働きをして、「ビタミンE」がアンチエイジングに効果がある抗酸化作用がありお肌に効果的な成分がたっぷりと含まれています。
「オレイン酸」と「ラウリン酸」の相乗効果で、お肌の奥の真皮と皮下組織がひび割れで出来る妊娠線を予防してくれます。

またココナッツオイルは栄養価が高いため妊娠線予防オイルの用途以外にも食べることで、豊富に含まれている食物繊維やビタミン、ミネラルを摂取できるので、妊婦さんの大敵の便秘にも効果があります。

香料などの添加物加えたココナッツオイルが出回っていますが、添加物は体に良くないので、出来るだけ成分をよく見て「エキストラバージン」のココナッツオイルを購入するようにしてください。

ヴェレダのマザーズボディオイル

ヨーロッパでは自然医薬品メーカーとしてもよく知られるヴェレダが製造販売している様々なクオリティの高いオーガニックオイルの中でも、特に産前産後の女性にオススメのオイル「マザーズボディオイル」は妊娠線予防にとても効果があります。

マザーズボディオイルは助産師さんが協力のもと開発された産前、産後におすすめのオイルです。
赤ちゃんが大きくなるにつれてどんどん大きくなるママのお腹のお肌はもちろん、全身をしっかり保湿してお肌に張りを与え、弾むようなお肌にしてくれます。

配合成分はすべて安心なオーガニック成分で、高品質のアーモンド油、ビタミンEを多く含むホホバ種子油、コムギ胚芽油、香料、アルニカ花エキスのオイルで、香料は天然のエッセンシャルオイルでマイルドな良い香りなので香りに敏感な妊婦さんにも使いやすいように考えられています。

お腹周りはもちろん、胸や太もも、お尻などの全身の保湿ケアに効果が高く、伸びがよくベタつかないため肌なじみが良いのでマッサージもしやすいオイルです。
妊娠線の大敵である乾燥によるつっぱり感などの妊娠中の不快感を和らげて、妊娠線予防や産後のお肌のケアにもピッタリのオイルです。

AMOMAのマタニティオイル

ママと赤ちゃんのためのナチュラルブランド「AMOMA」は妊活や妊娠、授乳中のオーガニックハーブティーで有名ですが、その「AMOMA」が妊娠線オイルを商品化したのが「マタニティタッチオイル」です。

マタニティタッチオイルは、100%植物性の天然オイルだけで作られており、合成香料や保存料などの添加物も一切使用されていないので、妊婦さんは安心して妊娠線ケアに初期から使うことが可能です。

マタニティタッチオイルのベースとなっている成分は、日本人の肌に合う米ぬかが原料のライスオイルと、保湿力の高いマカダミアナッツオイルの2種類です。

ライスオイルもマカダミアナッツオイルも、保湿力が高くお肌に潤いと弾力を与えてくれます。そして、どちらも肌なじみが良いという特性なので、オイルなのにベタつきにくいので塗りやすくマッサージしやすいのが魅力です。

さらに、3種類のエッセンシャルオイルも配合されています。肌に潤いやハリを与えるパルマローザ、エイジングケアに使われるフランキンセンス、肌の弾力を保つマンダリンが、妊娠線ケアをさらに効果的にしています。

マンダリン精油による柑橘系の香りは、リラックス効果も高くニオイに敏感になっている妊婦さんにも好まれる爽やかな香りです。

AMOMAのマタニティタッチオイルはマッサージオイルなので、マッサージしながら使うことで、効果的に妊娠線をケアしてくれるおすすめのオイルです。

キャリネスボディオイル

妊娠中や産後のママ、そして赤ちゃんのためのトータルブランド「キャリネス」が製造、販売しているマタニティラインケア専用の美容皮膚科医監修のオイルが「キャリネスボディオイル」です。

このキャリネスボディオイルは、サラッとした使用感にするためにオイルをジェル化しているのが特徴で、オイルはベタつくので苦手な妊婦さんにも最適の妊娠線ケアオイルです。

栄養豊富な3種類の植物性オイルを厳選し、美容成分をバランスよく配合しているので、美容成分がお肌へ浸透してハリや弾力を与え、10種類のオーガニック精油を配合しているのでリラックス効果も抜群です。

キャリネスボディオイルは保湿だけではなく、ジェル化されているため肌なじみがとても良く、ベトつかないのに滑りが良いのでマッサージしやすいオイルで、妊娠線ケアの他に妊娠中のむくみケアのスッキリしたい時のマッサージオイルにも最適です。
妊娠をすると体がむくんでしまい、ひどくなるとむくみにより靴が履けなくなってしまうことも。
滑りが良いのでマッサージに最適です。

もちろん妊婦さんにも安心安全の無着色剤、無鉱物油、アルコールフリーの低刺激処方でデリケートな妊婦さんのお肌にもバッチリです。

ママ&キッズのナチュラルマーククリーム

最後はオイルではなくクリームですがやっぱりオイルの使用感が苦手!な妊婦さんにも使える妊娠線予防に効果が高い「ママ&キッズ」の「ナチュラルマーククリーム」です。
クリームですが、お肌の弾力や柔軟性をサポートするオーガニックカレンデュラオイルとオーガニックアルガンオイルの2種類のオイルを配合しています。

このナチュラルマーククリームは、妊娠線予防では一番有名ではないか!?というくらいマタニティ雑誌などでも良く特集されている妊娠線ケアのアイテムで、妊娠中から産後のママからデリケートな新生児の赤ちゃんまで使えるどんな人のお肌にもやさしい無香料、無着色、低刺激なのに高保湿のボディクリームです。
つわりで匂いが苦手な妊婦さんにも使いやすい無香料なのも嬉しいです。

中身が空気に一切ふれないように使うごとに中のクリームが入った内袋が潰れていくこだわりのボトルなので最後まで劣化せずフレッシュに使い切れます。

高い保湿力が長時間続くため、1日朝と晩の2回塗るだけでお肌のうるおいが24時間持続するしっとり濃厚なクリームなので、妊娠線ケアにも塗るだけオーケーでマッサージは不要の忙しい妊婦さんにも嬉しい妊娠線ケアアイテムです。

まとめ

いかがでしたか?
今回ご紹介したオイルは、どれも口コミで人気の妊娠線ケアに効果のあるアイテムです。
低刺激なのに保湿の効果が高いオイルでバリバリとひび割れの妊娠線が出来ないようにケアをして、産前と変わらないつるつるなお肌を保ってくださいね。

基本的に妊娠線ケアのオイルはマッサージをすることで妊娠線予防の効果がアップしますが、お腹が張っている時や切迫流産、切迫早産のときはお腹へのマッサージが赤ちゃんのいる子宮への刺激になってしまうので、オイルを塗るだけでマッサージは控えるようにしてくださいね。
オイルも含め、かゆくて痛い産後の妊娠線を消したいオススメアイテムはこれ!