妊娠すると気になるのが、妊娠線。妊娠線を作らないために妊娠中からできる予防策と、効果的なおすすめアイテムをご紹介します。妊娠線を作りたくないひと、妊娠してからもきれいな身体を維持したい人にぜひ読んでいただけたらと思います。

妊娠線を予防するにはなにが必要?

妊娠中のお悩みの一つが妊娠線ですね。
妊娠線とは、お腹が大きくなるにつれて皮膚がどんどん伸びていきできた、ひび割れや赤い線のことです。
妊娠をしていなくても、急激な体重増加などで出ることもあります。
お腹だけではなく、太ももや二の腕、おっぱいなどにもできたりします。

妊娠線には個人差があり、体質によってできる度合いも違います。
予防をしていてもできてしまうこともありますが、目立たなく薄くすることはできるので、妊娠中からできる妊娠線予防策を見ていきましょう。

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織からできていて、上の層以外は伸びにくい性質なので、お腹が大きくなり始める時期になると、皮膚の伸びが追い付かず断裂してしまい妊娠線になってしまいます。

妊娠線を予防するには、皮膚が乾燥しないように、伸びやすくするために保湿をすることが大切です。
クリームやオイルを使いながらよくマッサージすることで妊娠線を予防することができます。
予防をしていても妊娠線が現れてしまうことがありますが、ケアをしないよりは薄くなっているはずです。

 

クリーム

保湿と油分が合わさっていて、べたつきも少なく使いやすいのが特徴です。
べたつきが少ないので、いつでも空いた時間にケアすることができておすすめです。
オイルと併用して使うとより効果的ですよ◎

 

オイル

色々な種類がありますが、クリームとは違ってべたつきがあり、匂いもあるのが多いでしょう。
オイルには油分が少なく、お風呂上りなどのケアにおすすめです。
クリームより保湿力が高く、マッサージをしながらのケアをする時間をとれるといいでしょう。

肌が敏感な人には合わない場合もあるので、テスターなどで試してからの購入をおすすめします。
安いものではないので、「買って使ってみたら体質に合わなかった」なんてことを防ぐためにもオイル選びは慎重にしましょう。

妊娠線予防アイテムを選ぶポイント

 

低刺激のものを選ぶ

妊娠中は肌がとても敏感になってしまいます。
妊娠前は肌に異常が現れたことのない人でも、妊娠して体質が変わって肌荒れがひどくなる人は多いです。
なので、低刺激で肌への影響が少ないものを選びましょう。
妊娠初期のつわりがひどい時期に使うときは、匂いもチェックして購入するのがおすすめです。

 

保湿効果が高いものを選ぶ

妊娠線予防に重要なのは高い保湿力です。美容成分なども含まれているものも多くあるので、保湿力と成分をチェックして選ぶといいものを見つけることができますよ。
クリームとオイルを併用で使うとより高い保湿効果があるので、乾燥肌の人は両方探してみるといいですね。

 

コスパでたっぷり使えるものを選ぶ

妊娠線の予防は毎日コツコツ続けることが大切です。毎日使うとなると気になるのが値段ですね。
妊娠中は妊婦検診に、赤ちゃんの物を購入、歯医者や出産に向けての準備でなにかとお金がかかってしまいます。
自分にかけるお金がない人もたくさんいますよね。
なので、毎日たっぷり使っても気にならないようなものを選ぶとしっかりケアしていけますよ◎

妊娠線予防クリームおすすめ3選

妊娠線予防クリームのおすすめ商品を3つご紹介していきたいと思います!
お店には様々な種類のクリームが売られていてどれを買ったらいいのかわからない人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ベルタ(BELTA) マザークリーム

・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・葉酸

などの高品質な成分が含まれていて、高い保湿力があります。
120gで7000円ほどなので少し高めではありますが、雑誌や口コミなどでも高い評価を得ているクリームなので、満足したお手入れができるでしょう。
クリームの伸びもとても良く低刺激なので、とてもおすすめです!

女性100人の声から生まれた マタニティクリーム

国産で低刺激にこだわったクリームです。
香料・着色料・鉱物油すべて無添加で作られていて、敏感な妊娠中のために作られたクリームなので、妊娠してすぐから使うことができます!
ヘスペリジンという成分が配合されていて、肌がじんわり温まるクリームなので、妊娠中の冷えにも効果的です◎
120gで3000円ほどと、あまり値段も高くないので妊娠線のケアを始めてみようと考えている人にはとてもおすすめしたいクリームです。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム(ナチュラルサイエンス)

お店や雑誌などで見かけたことのある人が多いのではないでしょうか。
赤ちゃんもママも使うことができるクリームで、全身に使うことができます。
皮膚科専門医の協力を得て作られているので、デリケートな肌の人でも安心して使えるのではないでしょうか。
120gで3000円ほどの価格、ポンプタイプなので手が空いたときに気軽に使えるのが魅力です。
出産後に子供も一緒に使えるので、ポンプタイプだととても助かりますよ◎

まとめ

いかがでしたでしょうか。
妊娠線の予防におすすめの対策とグッズの紹介でした。
妊娠して出産してもきれいでいたい女性をサポートしてくれるアイテムはたくさんあるので、自分にあったケアの方法を見つけていつまでもきれいで居続けましょう♪
購入前には必ず肌に合うか確認してから購入するようにしてくださいね。
かゆい!痛い!産後の妊娠線を消したいママさんへ